武陽会 - 兵庫県立第二神戸中学校・兵庫県立第四神戸高等女学校・兵庫県立兵庫高等学校 同窓会

校長のご挨拶
兵庫県立兵庫高等学校長 冨田 哲浩 兵庫県立兵庫高等学校長 冨田 哲浩    

校長就任のご挨拶として

1 自己紹介と抱負
 前任の石井稔校長(60陽会)のご退職を受け、平成27年4月1日付け、兵庫県立兵庫高等学校第29代校長を命ぜられました冨田哲浩(とみた ひろあき)です。どうぞよろしくお願いします。
 前職は兵庫県立教育研修所長です。これまで、高校現場19年、兵庫県教育委員会事務局13年、校長2年の経験を経て本年を迎えております。
 これまで神戸地区の高校に勤務した経験がありませんので、4月に着任しましてから、生徒や教職員とのふれあいの全てが新鮮です。特に、自由な校風の中でのびのびと活発に活動する生徒にはすぐに親しみが持てました。服装も画一化せず生徒個々の判断となっていますが、決して自由に際限ないということはなく、ある部分で歯止め(自己責任)がかかっていることに気づきます。
 これは、学校創設以来、四綱領「質素剛健 自重自治 これを貫くに至誠をもってす」の精神が、しっかりと受け継がれてきたからに他なりません。時代が変化してもこの精神を心柱として伝承し続け、学校の発展に尽力された歴代校長のご功績を汚さぬよう、全力で取り組んで参ります。

2 兵庫高校の印象など
 入学式・始業式後1ヶ月が経過し、この間すでに新入生歓迎遠足や文化祭が行われました。歓迎遠足では、生徒会役員が主体の企画・運営で新入生を迎える上級生の熱い思いを感じました。また、文化祭では実行委員会の強力なリーダーシップのもとで盛大な行事が行われました。
 写真は文化祭当日の朝、生徒が集合し実行委員会からの連絡を受けている様子です。文化祭ということもありカラフルな服装となっていますが、よく見ますとあることに気づきます。手前の1年生はそれぞれ自由な装いですが、中央に位置する2年生はクラスで揃いのTシャツなどを着ています。統一は上半身までと抑えめの主張に止めつつも少し成長した感じを受けます。そして3年生、クラスの団結とクラステーマを表現するおそろいの全身コスプレです。一番奥に位置している生徒たちが縦に虹のように見えるのはそのためです。強烈な主張を感じます。
 この諸連絡のあと、いよいよ文化祭のスタートとなり、生徒たちは盛り上がっていくのですが、この写真にもう一つ気づくことがあります。この生徒たちを見下ろすかのように後方でずんと構えている巨大で荘厳な校舎の存在です。私たちは自分の空間を全世界のように活動していますが、所詮、歴史と伝統のなかで楽しませてもらっているだけのような印象を受けます。武陽会に流れる精神性の深さや強固な繋がりを思い起こさざるを得ないワンショットだと思います。
 さて、この文化祭では、4月29日の一般祭(校外の方に公開)には天候にも恵まれたいへん大勢のご来客がありました。教室や講堂、正門横の屋台村や運動場の野外ステージなどで、同時に様々な催しが行われました。この文化祭をとおして生徒たちはますます兵庫高校らしく色づき、独自の彩(いろどり、文化祭テーマ)を放ちました。この間、とりわけ、武陽会の皆様には多岐にわたりご協力、ご支援いただき、PTAや地域の皆様にも喜んでいただいたところです。心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。



3 未来の創造者の育成
 本校では、平成22年度に初めて総合科学類型としての入学生を受け入れ、本年で6年目を迎えました。これまで、大学進学に必要な教科・科目の学力(偏差値)の伸長を目指してきたことから舵を切り、新たな学力のとらえ方に移行した本校は、様々な取り組みを続けつつ、その取組の充実と拡充に努めて参りました。多面的な人間力を育成するために、本年度も進める取組等を紹介します。
(1)グローバルな視点を備えた人材育成のため、東京での研修(東京みらいフロンティアツアー)や、京都大・大阪大・神戸大と連携した研究を進めます。
(2)本校の先進的な取組が文部科学省に高く評価され、平成27年度のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けました。今後5年間は国の支援を受けながら様々な取組を進めます。特に、成長著しいベトナムの大学・高校と連携した研修、イギリスの大学・高校との課題研究にも取り組んでいきます。
(3)学校の独自設定科目における課題研究を、大学院関係者のご協力を得て磨きをかけ、「未来創造シンポジウム」として発表します。昨年度の成果発表として4月11日(土)に開催しました。中学生やその保護者の方に多数ご参加いただき、盛会に開催することができました。
(4)4月18日・19日に大阪大学で開催された「第1回国際公共政策コンファレンス」におきまして、全国から12の高校が参加する中、本校3年生(総合科学類型4期生)の発表「安全保障理事会と拒否権」が最優秀賞をいただきました。大学生並みの優れた研究であるとの評価を得ました。

4 おわりに
 このように、本校の未来の創造者の育成は着実に前進をしています。本年の平成27年度入試から兵庫県では通学区域が再編されました。それにより神戸市内の旧第1〜旧第3学区と、淡路学区が一つにまとめられ新「第1学区」となりました。実際、新1年生の出身割合は、旧第2学区からは55%となり、これまで入学できなかった地域が45%を占めました。本校の注目度は益々高まる状況にあるといえます。さらに、来年平成28年度は、「未来創造コース」が、文系と理系の両方に対応する「創造科学科」となり、このクラス(40名)への受検は全県学区となります。本校のよさを多くの方々に知っていただけるよう、一層広く広報していくことになります。武陽会の皆様には、今後もいろいろお世話になることと思いますが、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。
 最後になりますが、武陽会の益々のご発展をご祈念申し上げ、着任のご挨拶といたします。

-記事一覧-
  平成27年5月   平成27年12月   平成28年4月   平成28年12月
 
武陽通信メールメンバー募集
会費納入・ご寄付のお願い
思い出してみてください。みなさんが高校生だった頃、誰かの支えがあったからこそ勉強に・部活に励むことができたのではないでしょうか?

現役生徒への支援や武陽通信の発行等、武陽会の活動には皆様のご支援が必要です。

私たちの母校兵庫高校は明治41年の設立からもうすぐ110周年を迎えようとしています。

折しも平成27年度入試から兵庫県内公立高校学区再編が行われます。「質素剛健」「自重自治」の良き伝統を守りながらも、より魅力ある兵庫高校となるべく新たな一歩を踏み出すこの大切な時期に、ぜひとも会費の納入・ご寄付にご協力いただきますようお願いします。

「銀行振り込みはこちらから」
平成25年名簿の申し込み受付
 平成25年名簿を1冊5000円(送料込)で頒布していますので、以下のページからお申し込みください。

 平成25年名簿の申し込みはこちらから
兵庫高校創立110周年
母校は平成30年に創立110周年を迎えます。
ユカリちゃん
ユカリちゃんの仲間達はこちら
武陽会事務局
〒653-0804
神戸市長田区寺池町1-4-1
兵庫県立兵庫高等学校内
TEL:078-691-5595
FAX:078-691-5595
E-mail:office@buyokai.org

住所変更はこちら
Copyright (C) 2007 buyokai.org, All rights reserved.